京都の文化・歴史を発見! 京都遺産 KYOTO HERITAGE まち・ひと・こころが織り成す京都遺産

「まち・ひと・こころが織り成す京都遺産」とは?

1200年以上の悠久の歴史を重ねてきた京都には、宮廷や寺、神社、武家社会、町衆の暮らしなど、様々な環境の中で生まれ築かれた文化遺産が、有形・無形問わずに息づいています。
京都市では、こうした京都の文化遺産をテーマごとにまとめ、地域性・歴史性・物語性を持った集合体として認定。この制度が2017年よりスタートした「まち・ひと・こころが織り成す京都遺産」(略称「京都遺産」)です。
この制度を通じ、個々に見るだけではわからなかった新たな魅力を発見し、歴史や文化への理解を深めるとともに、それらを支え継承する地域や人々が誇りを抱く…こうして文化遺産を守り活かす取り組みに繋げていくことが「京都遺産」の目的です。

1

北野・西陣でつづられ広がる伝統文化

2017年認定

京都遺産 テーマ1 北野・西陣でつづられ広がる伝統文化

北野天満宮を中心に信仰を集めてきた「北野」と西陣織のまち「西陣」。この2地域がともに発展し築いた文化とは?

「京都遺産 テーマ1」の
ebookを読む

2

山紫水明の千年の都で育まれた庭園文化

2017年認定

京都遺産 テーマ2 山紫水明の千年の都で育まれた庭園文化

見る者の心を癒す庭。その背景をひもとくと、歴史上の様々な有名人物が庭づくりに関わっていたことが見えてきます。

「京都遺産 テーマ2」の
ebookを読む

3

世代を越えて受け継がれる火の信仰と祭り

2017年認定

京都遺産 テーマ3 世代を越えて受け継がれる火の信仰と祭り

火は文明を築くだけでなく、人類にとって脅威の存在でありました。そんな火への信仰は、いつも暮らしのそばに。

「京都遺産 テーマ3」の
ebookを読む

4

明治の近代化への歩み

2018年認定

京都遺産 テーマ4 明治の近代化への歩み

明治のはじまりとともに、都市存亡の危機に陥った京都。再生への軌跡は、今の京都の礎として今も生きています。

「京都遺産 テーマ4」の
ebookを読む

5

千年の都の水の文化

2018年認定

京都遺産 テーマ5 千年の都の水の文化

河川や地下水の恩恵を受けて暮らしや文化を育んできた京都に息づく、水の歴史と今をひもときます。

「京都遺産 テーマ5」の
ebookを読む